佐々木希の「性格悪い疑惑」を調査→筋金入りのヤンキーすぎて黒確定wwwwww【渡部建の不倫相手にも容赦ない激ツメ】

sasakinozomi16

Pocket

お人形さんのような見た目の清楚系美人で、性格も明るい好印象のイメージの女優・佐々木希さん。

夫・渡部建さんの不倫スキャンダルで世間から同情する声が沸き上がっている一方で、なぜかネット上では「性格が悪い」「本性がヤバい」と評判になっています。

 

佐々木希さんは本当に性格が悪いのか、それともやはりいい性格なのかを確かめるべく、デビュー前の秋田時代から現在までの関係者の証言やエピソードを収集・調査していくことにします!

 

 

秋田時代のエピソードがまるで映画「クローズ」!

sasakinozomi1

画像出典元:sina

 

 

秋田市立飯島中学校時代

sasakinozomi17

画像出典元:nobicom

中学時代の卒業アルバムの写真です。今の面影もどことなく伺えて、女優の浜辺美波さんのようなおとなしい性格の美少女に見えます。

ところが、実はこの写真は中学1年生に撮影されたものだということが発覚しました!

なぜなら、佐々木希さんは中学2年以降にヤンキー仲間とつるむようになり学校にあまり寄り付かなくなってしまったからです…。

 

その後彼女は「秋田のヤンキー界の伝説」になっていくのですが、地元に今でも伝えられているとされる衝撃のエピソードを以下にまとめてみました。

多少の誇張は含まれていると思いますが一気にどうぞ!


①中学校時代は「目を合わせたらダメ」と言われたヤンキーグループの仕切り役

②中学生になると、ほとんど学校に行かなくなり、たまに来ると机でずっと寝ていた

③中学2年生で金髪とカラーコンタクト・不登校・暴力的になった

④後輩がローファー以外を履いていたら校舎裏に呼び出して袋叩き(校則では「靴は自由」だった)

⑤気に入らない同級生がいるとあいつをヤルからつれてきてと仲間に伝えて、休み時間になるとトイレでヤキを入れる

⑥授業中、男性担任教師に注意され、驚きのあまり椅子ごと後ろに転倒したために「恥をかかされた」と逆ギレしてその教師の股間を蹴り飛ばした

⑦身内(父親といわれている)が亡くなったとき、親戚から自分のせいだと責められ、お葬式で棺桶を蹴り飛ばしたことを学校で得意げに話していた

⑧出席日数が足りなくて卒業はギリギリだった。卒業式は他校のヤンキーと出席して、突然いなくなった

中学2年生のときに1つ上の先輩と初体験をすませて、同級生に自慢した

⑩駅前のファストフード店に仲間といて、後輩がアイサツをせずに通り過ぎると、電話をかけててめえ、アイサツねーんだよ!と呼び出して説教した

他校のスケバンと「髪切りデスマッチ」のタイマンを張った


 

全体的にツッコミどころ満載ですね(笑)

秋田は映画「クローズZERO」や「北斗の拳」の世界観のような無法者がうろついている場所だったのでしょうか?(*゚ε゚*)a゙

sasakinozomi24

画像出典元:映画.com

sasakinozomi23

画像出典元:+NobunagA+BLOG

 

ちなみに最後のエピソードの「髪切りデスマッチ」については、こちらの記事に詳細が記述してありました。

現在トップモデルとして飛ぶ鳥落とす勢いの佐々木希も、地元秋田では「知らない者はいない」ほどのバリバリのヤンキーであったといわれている。彼女の過去を知る地元民から語られる“武勇伝”で最もインパクトのあるのが、「髪切りデスマッチ無敗」伝説。「金髪ガングロのギャルになり、中学すらもロクに通ってなかった」といわれる当時の彼女を取り巻く“秋田のヤンキーシーン”において、祭の夜に女同士がタイマンを張り、負けた方がヤキとして髪を切られるルールの喧嘩が流行していた。その喧嘩は当然、殴る・蹴る・掴むと、文字通りの“なんでもアリ”。このタイマンで佐々木希は連戦連勝の無敗伝説を築き、「秋田に希アリ」と“勇名”を轟かせていた。 引用元:リアルライブ

 

中学1年生のときの写真のイメージとキャラが変わりすぎです(笑)

ここまで名前をとどろかせるヤンキーにわずか1年2年で変化するとは衝撃的すぎる・・・!

 

 

中学卒業後~上京直前

sasakinozomi18

画像出典元:NAVER

中学卒業後、佐々木希さんは高校には進学せずアルバイトを「流行り屋」というお店で始めるのですが、この時期の噂されているエピソードを紹介していきます!

 

・卒業後は秋田フォーラスに出店していたショップ・流行り屋(はやりや)でバイト。気に入らないお客さんには「いらっしゃいませ・ありがとうございます」を絶対に言わなかった

・店内でお客さんを「ダサい」と陰口・にらみつける店員だった

クラブには16歳から出入りして、喫煙・飲酒はそこで覚えたという噂

 

なんかここまでいい印象のエピソードが全く出ていないような…(笑)

全て事実ではなかったとしても、荒っぽく勝気で早熟だった彼女の姿が浮かび上がってきますねー。

 

しかしそうは言っても、もともと地元でも評判になるぐらいの美人だった佐々木希さん。

・『週刊ヤングジャンプ』主催のギャルコンJAPAN」→グランプリ

・ギャル御用達の女性ファッション雑誌『PINKY』主催の「プリンセスPINKYオーディション」→グランプリ

と短期間のうちに2冠に輝く離れ業を成し遂げます。

 

sasakinozomi25

画像出典元:Candy Log

この結果、芸能事務所10数社の目に留まり、最終的にトップコートに所属することが決まります。

 

 

芸能界でもヤンキー気質がばれていた

sasakinozomi27

画像出典元:かみろぐ!

グラビアやファッション雑誌の大会で優勝を飾り、鳴り物入りで始まった芸能生活ではどのようなキャラクターとして周りの方に認知されていたのでしょうか。

業界関係者や共演者の証言や、芸能界での友人関係はどのようなものだったか調査してみました!

 

 

業界関係者からの評判

sasakinozomi28

画像出典元:玩具箱

デビューして間もないころの番組出演時の写真です。この時はまだまだギャルの面影がありますね。

このころは業界関係者から

かわいい顔して実はヤンキー

という評判をとっていたようです。

デビュー間もないころに、麻布十番祭りでくわえタバコでお酒を飲みながら堂々と男性と歩いていたところを目撃されていた、という話もあるようなので自分から隠すつもりもなかったのかもしれないですね(笑)

 

 

共演者の声①生瀬勝久が初舞台の堂々たる演技を賞賛

sasakinozomi32

画像出典元:スパイス

佐々木希さんが初舞台『ブロッケンの妖怪』でホラーコメディに挑戦した際に「大変と聞いて覚悟をしていたが、楽しい方が勝っていた」と言っていたことに対して、生瀬勝久さんは

びっくりしました。度胸あるなと思いました。しっかりした女優さんです。

と語っていたようです。

堂々たる態度は「髪切りデスマッチ」をこなすなど、芸能入り前に修羅場をくぐってきたたまものなのでしょうか?(笑)

ここまでのエピソードを見ても強気な性格が一貫して根本にあることが感じられますね!

 

 

 

共演者の声②しゃべくり007で菜々緒が性格暴露

sasakinozomi22

画像出典元:MION’S HEADLINE

2011年に放送された「しゃべくり007」クリスマススペシャルに出演したモデルの菜々緒さん。

この番組の定番コーナー「ギリギリ007」で付き合ったことのある有名人や口説かれたことのある男性の名前をぶっちゃけていたのですが、

「テレビと印象が違う有名人は?」

と聞かれたときの回答が、番組を観覧していた人によれば佐々木希さんだったそうです(笑)

 

 

さらに佐々木希さんの名前をあげた理由というのが、

「口がものすごく悪い」

待ち時間が長いなど文句が多い」

というものだったようです。

菜々緒さんと佐々木希さんはドラマ「ファーストクラス」で共演しているのですが、現場での振る舞いがそんな感じだったんですかね~。

やはりヤンキーと仲良くなりがち

sasakinozomi20

画像出典元:Twitter

佐々木希さんの芸能界での友人関係はどうなんだろうと思い調べていくと、同じくモデル・タレントの木下優樹菜さんと仲がいいことが判明しました。

木下優樹菜さんも「葛飾区のタイマン女王」として名をはせた過去があるようなので、「あ~、やっぱりか~」と思いました(笑)

木下優樹菜さんと言えば、佐々木希さんが嵐・二宮和也さんと交際するきっかけにも関わっているなど縁が深い関係です。

そんなとても深い仲の佐々木希さんと木下優樹菜さんですが、最初に会った時は少々ピリピリしていたようで、ファッション雑誌『PINKY』で二人一緒に撮影した時の空気感を記述している記事がありました。

 

二人の運命の“初対決”ではなく“初対面”は、2年前の『PINKY』誌上のフォトセッションと伝えられている。当時の撮影スタジオのスタッフの証言によると、そこで優樹菜は“仕掛けよう”と、初対面の希にメンチを切ってみせた。が、当の希は睨み返すこともなく泰然自若しかし優樹菜は、超然とした希の姿に「この人には勝てない」と悟ったという。タイマンで鳴らした優樹菜だからこそ、お人形然とした“のぞみん”の正体を、瞬時に的確に見抜くことができたのだ。佐々木希には、闘いに馴れた者だけが見抜ける、真の“凄味”が備わっているようだ。引用元:リアルライブ

 

まるで「ろくでなしブルース」の世界ですね(笑)

「強者は強者を見抜く」と喧嘩や格闘技の世界では言うらしいですが、それと似たような気持ちをお互い感じ取って深く仲良くなるのは必然だったのかも知れないですね~。

 

 

渡部建がそんな性格を変えた

sasakinozomi13

画像出典元:NAVER

ところが、「ヤンキーキャラ」と関係者に認知されていた佐々木希さんの性格がマイルドになった出来事がありました。

それが2015年4月に「女性セブン」で報道されたアンジャッシュ・渡部建さんとの真剣交際でした。これを境にTV番組の撮影現場でも接しやすい雰囲気に変わったようです。

 

「番組のリハーサルなどで佐々木に対する共演者の振る舞いが、これまでと変わりました」(中略)

「今まで大半のタレントが、彼女に対して一種の緊張感を持って接していたと思うんですが、渡部との交際が発覚して以降、彼女は明らかに『接しやすい存在』になりました。ですから、最近は若手芸人でも彼女に軽々しく話しかけるんですが、恐ろしいのは彼女の反応です。年下の芸人らに雑に扱われると、ガンをつけるなど、『元ヤン』的な返しをするんですよ。彼女がどこまで本気なのか分かりませんが、ある人気若手芸人は『シメられるかと思った』と震えていました」 引用元:アサ芸プラス

でも相手を選んでいたようで、認めた相手以外には鋭い目線を送って縮み上がらせていたようです。

やはりヤンキー時代の「上下関係には厳しい」という感覚は何年たっても消えなかったのでしょうか(笑)

秋田時代は後輩がアイサツしていないだけでツメてますからね~。

 

 

 

結婚後も根本はヤンキー気質と判明

sasakinozomi29

画像出典元:NozomiNews

結婚の翌年に第一子をもうけて、メディアでも充実の結婚生活をうかがわせる満面の笑みを浮かべていた佐々木希さん。

このまま一気に性格がマイルド化するのかと思いきや、やはり緊急事態では素の部分が出てしまいました!

 

 

渡部建の不倫相手に激昂

sasakinozomi30

画像出典元:nobiciro

 

6月11日発売の週刊文春で、渡部建さんが複数女性との不倫関係にあったこと、不倫相手の一人とは密会場所として六本木ヒルズの多目的トイレを何度も使っていたことが報道されます。

渡部建は報道の数日前に文春に直撃されて、自分がしでかしてしまったことを洗いざらい佐々木希さんに話したようです。

そして、このときに不倫相手にとった佐々木希さんの対応がヤンキー時代をほうふつとさせるものでした。

不倫相手の一人である都内在住の女性に渡部さんが連絡をとり、相手が電話口に出るなり口火を切った佐々木希さん。

「あなた酷いですね。今の会話録音してますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ?・・・最後に彼とあったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのが17年だから。その前なんですか、後なんですか?」

 

渡部さんとの関係性、そもそも出会ったきっかけ、出会っていたペースなどを冷静に淡々と女性に問い詰めていき、裁判もちらつかせて、相手の女性は恐怖を覚えたといいます・・・

不倫相手は複数人いたため、この後も他の不倫相手に電話をかけて「激ツメ」を行って相手女性たちを恐怖に陥れていったようですね~。

既婚者と知りながら渡部さんと関係を持っていた女性たちに、怒りの鉄槌が下されてしまったのはいたしかたないと言えるでしょう。

 

 

離婚しない理由もヤンキーならでは?

sasakinozomi31

画像出典元:しらべぇ

佐々木希さんは6月12日に自身のインスタグラムで

今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います

とコメントしており、2020年6月現在、夫妻の間で別居・離婚の動きはないようです。

今までのエピソードや関係者の発言を見ていくと、佐々木希さんが離婚しない理由は、一度認めた相手に対してはとことん尽くすという気質だったり、(佐々木希さんはこれだけのスキャンダルをしでかしてしまった渡部建さんを精一杯支えていくというコメントを発表しています)こんなことで屈する女じゃないという精神力の強さの表れともいえるのではないでしょうか。

そのようなヤンキースピリットが離婚を選択しない大きな理由であるのかもしれないですね!

以下の記事では、佐々木希さんと渡部建さんについてさらに踏み込んだ考察をしています。

ぜひご覧になってみてください。

アンジャッシュ・渡部建がモテる理由は豊富な恋愛関連の知識だけじゃない!ヤバすぎる本性に迫る!

【驚愕】佐々木希の歴代彼氏との破局原因を見るに、渡部建の不倫は必然だった?!

世間の声

世間の声を調べてみたところ、「これくらいのアクシデントで泣き叫ぶようなメンタルが弱いタイプではないでしょ」「ヤンキーだから渡部建を許すと思ってた」というコメントが多く、佐々木希さんの性格が強気なヤンキー気質であることが今回の不倫スキャンダルを機にさらに世の中に知られていくような印象を受けました!

 

まとめ

 

今回は佐々木希さんの「性格が悪い」という噂の真相について調査を行ってきました。

今回の調査をまとめると、

 

◆佐々木希さんの性格は秋田時代から結婚後まで一貫して強気なヤンキー気質

◆芸能界入り後の業界関係者の証言や交友関係をみても、元ヤンキーならではの堂々たる立ち振る舞いや友情がうかがえる

◆渡部建との交際を機にマイルドな性格も合わせ持つようになったが、基本的に自分の敵(違うヤンキー集団や気にくわない人間、夫の不倫相手)には情け容赦がない

◆一方で、その気質ゆえの度量の広さや愛の深さも今回の渡部建のスキャンダルで伺えた

 

ということが言えるのではないでしょうか。

 

 

これで今日の芸能人調査室は終わりです。

他の芸能人の調査結果も楽しくご覧になってください、ありがとうございました(^.^)/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.